中学受験算数の入門講座(学校算数でも大いに有効)

投稿日: 2015年6月5日  | カテゴリ: 講座・講習

こんにちは。二宮です。

 

3年生のお子さんをお持ちのお母さんや、4年生のお子さんをお持ちのお母さんから中学受験についての質問をされることが多くなりました。

 

かつては、4年生からというのが主流でした(それ以前は5年生からでしたが)が、今は、3年生から準備するという流れができているようです。

 

 

ご存知のように、中学受験算数というのは特殊な分野でして、いわゆる特殊算は中学に入ると全くつかわなくなります。

ですから、学校教育の範囲外の勉強ということになります。

 

では、それは無駄なのか?

 

というと、決してそうではなく、難しい問題を小学生で学ぶ範囲の解き方で解く、という考え方はそれなりに面白いものだと思っています。

 

3年生や4年生で、特殊算について学ぶ必要はありません。

それよりも、学校で学ぶ算数がしっかりとできていることが大事です。

 

それを元に、特殊算の世界に入っていく必要があるのです。

 

 

そいういう目で、今の受験算数の講座や教材を見ると、特殊算にばかり力を入れていて、その一歩前の“ゆるぎない算数の力”を確かなものにするものは、

残念ならがありません。

 

そこで、4年生のために、特殊算の前の力をしっかりつける講座を作ることにしました。

 

 

思い起してみると、5年生や6年生で偏差値50に満たないお子さんは、特殊算以前のところがあいまいなところが多かったものでした。

 

ですから、4年生だけでなく、5年・6年生で偏差値が50に満たないお子さんにも、いい効果を与えることは間違いありません。

 

 

 

受験算数の中で、“特殊算以前”に関するものが9単元ありました。

 

そこで、10回の授業でこの9単元をマスターする講座にします。

 

1週間に1単元。トータル12週、3か月の講座になります。

 

私の授業とFAXによる通信講座で進めていきます。

 

 

内容としては、応用問題はバッサリとカットして、きっちり基礎を固める内容にします。

基礎がしっかりしていれば、応用問題に進むことは難しいことではありません。

 

今、応用問題が難しいと感じているのなら、基礎の力がぐらついているからです。

 

 

私が考え、私が授業を実施し、私がお子さんからのFAXをチェックしますので、質の高い講座になると思います。

 

先にも書きましたが、対象者は、4年生と5・6年の偏差値50に満たないお子さんです。

 

 講座名を 『受験算数見習い9ステップ』 とします。

 

 

 

 

『受験算数見習い9ステップ』 講座の内容

 

週に1回、Youtubeで授業を見ていただきます。その後、それに関する問題を解いてFAXしてください。

 

私がチェックをして、返却します。

 

翌週は2回目の授業をご覧いただきます。

 

このようにして、合計10回の授業をみていただきます。

 

 

最後の2週間で、まとめの問題集を解いて、終了となります。

 

そのころは、受験算数のためのゆるぎない基礎力を見につけていることでしょう。

 

 

 

『受験算数見習い9ステップ』 受講料

 

私の想定では、9万円+税にするつもりでした。

 

しかしながら、初回ですから、20%引きの1万8000円引きとします。

 

7万2000円+税です。

 

5名限定とさせていただきます。

 

6月19日(金)を申込み締切とします。

 

 

月謝としてお支払される場合は、27,000円+税の3回払いです。

 

銀行振り込みで月謝払いの方は、25日までに翌月分をお振り込みください。

 

 

初めての方は、入学金が別途16,200円かかります。

 

 

お申込みはこちらから

 

 

 

 


アーカイブ

2020

カテゴリー

最新記事

FAX 0424-61-3700

受付時間:火曜日〜金曜日:10:00〜15:00

塾長より  


head2.jpg

塾長:二宮智宏

短時間で集中して学習。

そして、能動的に勉強することを習慣づけていきます。

 

所在地

〒188-0011  西東京市田無町3-3-4 宮川ビル1階

map_tanasi.gif

お名前*
メールアドレス*